Pastime Diary

主に大学生活中のことについて週一投稿を目標に(ry

【会場の雰囲気など】 LINE DEVELOPER DAY2019に参加してきました

11月20,21日に開催されたLINEの技術についてのプレゼンテーションイベント「LINE DEVELOPER DAY 2019」に参加してきました。

なお、交通費の支援をいただける学生支援プログラムに採用していただいたため、こちらの制度を使わせていただきました。感謝です🙇‍♂️

 

LINE DEV DAY仕様の送迎バス

LINE DEV DAY仕様の送迎バス

====
日は機械学習などのAI関連技術のセッションが多く興味が強かったのですが、急遽大学の講義が入り参加できず。無念。。。

私が参加した2日目は、各技術の製品への応用についての話を中心にプログラムが組まれていました。

セッション内容に関しては公式でスライドが上っている他、他の人のブログ記事でも様子が伝えられているようですので、そちらをご覧頂ければと思います。

この記事では一学生が参加した立場から見た会場の雰囲気を写真を交えてお伝えできればと思います。

 

 

東京テレポート駅 → 会場へ向かうバス

シャトルバスの外装・内装が、LINE DEV DAY仕様に。この時点で、気合の入り方の違いが伝わってきます。

バス側面。緑のカラーリングとLINE DEV DAYの文字

バス内装。座席含め全て黒塗りされ、正面にはディスプレイ装備。

バス内装。座席含め全て黒塗りされ、正面にはディスプレイ装備。

 

会場のグランドニッコー東京。多少年季は入っていますが、豪華です。

会場前。LINE DEV DAYの垂れ幕が目を引く

 

会場に入ると、大きなイベントタイトルとマークが目を引きます。近くで見ると...

多数のスマートフォンで構成されたLINE DEVELOPER DAYのロゴ

多数のスマートフォンで構成されたLINE DEVELOPER DAYのロゴ

そう、なんとこのdマーク、多数のスマートフォンを並べて構成されています。写真では青一色ですが、実際はこれが連動して映像が流れていました。

どうやって実現してんだ....?

 

次に、受付で驚きます。写真は取り損ねましたが、受付の一部に顔認証システムが導入されています。事前に顔写真をLINEアプリで登録しておくと秒速で受付が終わる独自開発のシステムとのこと。利用者の評判はすこぶる良かったようです。

私も試そうとしましたが通信の影響か、今回は上手くいかず....

 

他にもミネラルウォーターが配られていたり

LINE DEVELOPER DAY ロゴ入りミネラルウォーター

LINE DEVELOPER DAY ロゴ入りミネラルウォーター

午後には、ゲストの方のみですが弁当も配布されていました。

 

オープニング時の会場内はこんな感じ。

セッション会場Aの様子

セッション会場Aの様子

この会場では4, 500名分ほど用意されているほとんどの席がほぼ満席。
会場はこの他にも大小4箇所に分かれており、オープニング後は並列でセッションが進む形でした。

英語のセッションもありましたが、受付で翻訳レシーバーが配布されており同時翻訳で日本語で聞き取ることが可能でした。逆に外国人は日本語セッションをレシーバ経由で英語で聴講可能という準備のしよう。すごいの一言。。。

 

セッション会場Dの様子

セッション会場Dの様子

ポスターブースも充実しており、LINE PayやLINE Thingsなど、LINEの多くのプロジェクトについて紹介されていました。各プロジェクトを担当するエンジニアがその場集っているため技術的な解説を聞くことも可能でした。

ポスターブースの様子

ポスターブースの様子

 

 

個人的に目を引いたのがLINE Thingsのブース。これはBLE経由でスマートフォンと接続できるIoT向けのプロダクトです。展示では、コーヒーマシンを操作できるようにしたり(しかもLINE Payで操作毎に支払い処理も可)、洗濯物の渇き具合をLINEで確認できるようにするデモ等がなされていました。

LINE Thingsのブース

LINE Thingsのブース

あれ、ただこのハンガー、昔どこかで似たようなのを見たことがあるような....

Smart Hanger

https://github.com/jphacks/KB_1803

 

気にしないことにしましょう( ^ω^ )

 

 

ということで、会場の様子が少しでも伝わったのでしたら幸いです。

全体を通して、参加者へのおもてなしが非常に考えられていた他、発表も興味を引くよう手をかけて設計されていているように感じました。

また、会場や運営に多くの手間や資金が投入されているんだろうなと思える瞬間が幾度となくあり、LINEのかける思いがひしひしと伝わってくるイベントでした。

【学びの絶えなかったハッカソン】石巻ハッカソンin生駒

七夕の今日、石巻ハッカソンin生駒と呼ばれるハッカソンに参加してきました。
このイベントは、研究室の同期の友人が主催しているものです。
こういった機会は貴重なので、感謝感謝。

connpass.com

スマートフォン単体で天気の傾向を予測するアプリ「AiWeather」を開発し、企業賞(YuMake賞)を頂きました。ありがとうございます。

f:id:RIREX:20190708004231p:plain

次回、Spajam本選への備えも含め、参加して思ったことをつらつらと書いてきます。

【初めてのハッカソンソロ参戦】
一人だと、議論に時間を割かなくて済むためアイディアの決定から開発、プレゼン作成、発表まで非常にスムーズに進んだ。思いつきのプロトタイプを短期間で作成する場合は、一人で開発するのは効果的みたいだ。もちろんチーム参加にはチーム参加の良さがある。


【チーム名に地名を付けたこと】
些細な話といえばそうなのですが、引っかかったので。何気なく、自分の住んできる地名「東生駒1丁目」をチーム名にした。すると、会場にいた人に声をかけられた。「東生駒1丁目って、ブランドでしょう、自慢してるみたいだよ」と。実態は、家賃3万ちょっとの安アパートがあったのが、たまたま東生駒1丁目だったわけです...。ううむ、言葉選びは難しいと思った次第。


【自身のアプリ開発について思うこと】
ハッカソンやアプリコンテストで賞を取ったり、他の人に驚くような物を作ることができるようになってきたと感じる。しかし、そこで止まっているものが多いと実感している。多くの人に届けてこそゴールだと思うので、もっと世の中に出していきましょうぜb

ということで、反省終わり。

今週は論文に追われますが、来週からは各アプリのリリースに向けて、頑張るぞい!

【最優秀賞】Spajam2019福岡予選参加レポート

何についての記事か

6月1,2日でスマートフォンアプリのハッカソン「Spajam 2019」の福岡予選に参加して来ました。
参加レポートと共に、KPT(良かったことや改善点など)を振り返ります。

f:id:RIREX:20190606213044j:plain

spajam.jp

i.gamebiz.jp

参加レポート

令和最初のSpajamは私にとって3回目の参加でした。前回・前々回とも優秀賞で最優秀賞まであと少しといったところなので、優勝したい思いもありました。
そして今回、ついに最優秀賞を獲得できた要員としては、チームの力の側面がめちゃくちゃ大きいですが、前回の反省を役立てることもできた側面もあると思います。そこで、いつでも振り返られるよう記録としてこの記事に残して置きたいと思います。

0日目
チームメンバーとは作戦会議をするために、開始の前日に集まっていました。私は奈良から、一緒に参加した友人の「のぐたそ」は神戸、「りっち」は東京から集まり、合流したのは22時前。それから博多ラーメンを食べてAirbnbで取った宿に向かいます。


f:id:RIREX:20190606213054j:plain
博多ラーメン?

宿に到着しました。天井が低いです。ある人は2回ぐらい頭をぶつけてました。

f:id:RIREX:20190606165201j:plain
宿の前景

そしてぼちぼち作戦会議を開始。Spajamの2日間のタイムスケジュールを決めたり、GitやSlackのセットアップをして早めに寝ます。と思ったら気づいたら2時?! どうしてこうなった(^◇^)

1日目

AM 8:00
予定通りチームメンバー全員1時間半遅れで起床。。。急ぎ準備をして出発です。
開催場所はLINE Fukuoka(博多駅の隣)。宿から歩いて20分弱といったところです。

f:id:RIREX:20190606213044j:plain

会場に到着後、受付を済ませてしばらく自分たちの場所で待機。周囲には何度も全国進出を果しているチームや、本選経験者、IT企業のエンジニアやデザイナーなどがひしめきあい、混沌とした空気に包まれています。

f:id:RIREX:20190606213258p:plain

午前中はテーマが発表され、参加者全員でアイディアを考える時間です。
テーマは「ペット」でした。会場全体として集まっていたアイディアは、ペットを飼うこと自体大変だから敷居を下げたい。殺処分が多くて問題。ペットボトルもペットにすべき。飼われたい。等、色々な意見がありました。

午前中が終わると、2日目までのハッカソンがいよいよスタートします。早速チームで飯を食べに行きます。

f:id:RIREX:20190606165202j:plain
おかゆと担々


昼食後、道端でMonsterが配られていたので受け取ります。幸いでした。
ここからはそそくさにアイディアを確定して開発を始めたいところです。しかし、アイディア決めは簡単ではありません。
テーマに沿って、新規性があり、需要があり、かつ1日で実装・プレゼンまでできるもの。Hmm...

f:id:RIREX:20190606165146j:plain

私たちのチーム「NemuinGO」でもいくつかの意見が出ていましたが、最終的には犬の鳴き声から気持ちを分析し、飼い主に通知するアプリを作るということで方針が一致しました。私の実家で犬を飼っていて、吠えることが悩みだと感じていたことから出たアイディアです。好都合なことに、実際に犬のお困りごとランキングの1位は吠えることのようです。

PM 5:00
アイディアはまとまったので、実装に使えそうなAPIの検証をしていきます。

今回の技術的に検証しないといけないのは以下の項目。

・犬の鳴き声認識
・通知処理
・複数端末の連携処理


まず、通知処理をりっちが担当し、私とのぐたそで犬の鳴き声の認識を実装します。
ちなみに会場に犬を連れてくることはできないので、犬のCVは私がやりますw

のぐたそは、マイク入力から音量を取得する処理をしっかりと完成させていました。
吠える声の認識ですが、当初は人間同様APIの使用を考えていましたが、犬に適用すると考えると現実的ではないですし、波形を適当に閾値処理するだけでも簡単な認識はできそうです。
最終的には次のようにして3種類の吠える声(わん、わんわんわん、わおーーーーーーーーーーーん)を認識していました。
Step1 マイクで拾った音のdBを取得
Step2 波形を平滑化
Step3 平滑化した波形が-35dBを超えている時間で鳴き声の種類を判定

f:id:RIREX:20190606213344p:plain
横軸:時間,縦軸:音量(dB)

PM8:00
公式の定めた1日目の開発終了時刻。会場には残れないため、出発します。

f:id:RIREX:20190606165154j:plain
そして再びラーメン

PM9:30
宿に戻り、再び開発再開です。
Firebaseを用いた通知周りのほとんどをりっちが実装していたので、あとはこれを実際にスマホで動くようにしたりしてました。
この間、のぐたそはスライドを、りっちはデザインの作成を開始したりしていました。

AM 4:30
通知処理がひと段落したので一旦仮眠を取ります。みんなまだ起きてるのに申し訳ない.... (でも仮眠は大事です!)


2日目
AM 6:30
起床し、とっておいたMonsterを解放。最後の実装に取り掛かります。
Firebase Realtime Databaseを用いて、遠隔操作で音楽データを再生する処理を実装してきます。チュートリアルや実装例が多く、助かりました。

AM 8:30
遠隔操作での音楽再生処理がひと段落し、デザインの実装に入ります。

AM 9:30
2日間お世話になった宿に別れを告げて、会場に向かいます。

AM 9:50
会場のビルに到着。タクシーで向かったので昨日とは打って変わって、余裕があります。スタバでコーヒーを買って最後の戦いに備えます。

AM 10:00
会場に入り、のぐたそはスライドの仕上げ、りっちは技術仕様書の作成、僕は最後の調整とスパートをかけます。

AM 12:30
発表順も決まります。3番目!良いポジションです。

AM 13:30
いよいよハッカソン終了&プレゼン開始です!開発も無事終えて、プレゼンの練習もして、あとは臨むだけ!

プレゼンは機材のトラブルもなく、チームメンバーもスムーズに発表を終えました。
審査員の前で私が犬役をするデモも何とか?問題なくできたようです。

他のチームの発表も非常に練られていて、流石だなぁと思いながら見ていました。ただ、機材トラブルが多く勿体無かったように思います。
あと、個人的に次のスライドがつぼでした...

f:id:RIREX:20190606165152j:plain

こういった絵心が欲しい・・・!


そして結果発表です。優秀賞2つ、最優秀賞1つが発表されます。
鳴き声の解析、複数端末での連携、飼い主の悩みを解決するアイディアを取り込んだ私たちのチーム。優秀賞以上は取れたのではないかと期待します。


1つ目の優秀賞が発表されます。
チーム名:凸凹~Dekoboko~
アプリ名:BOTTLE PET
ペットボトルをペットにして、環境問題にも訴えている教育的に有益なアイディアが盛り込まれていたところが評価されたとのことでした。ちなみにチーム名の凸凹~Dekoboko~は色々な年齢やキャリアの人が集まっているからとのことで、このチームをまとめて結果を出すのは凄いことだと思いました。。。


そして2つ目の優秀賞が発表されます。
チーム名:やさしいP
アプリ名:身近なペット

細菌をペットにしようというコンセプトのアプリ。コンテスト期間中に菌の繁殖している写真をラベリングして機械学習をかけて判定できるようにするところまで実装したそうです。参加者全員、生物分野の方でプログラムを勉強して1週間目だとか、、凄すぎます。。。他分野(今回だと生物分野)を掛け合わせることも大切だなと思いました。


この時点で、残りは最優秀賞しかありません。
そして発表の瞬間、審査員と目が合います。私たちのチーム名が呼ばれ優勝が決まります。

あとで聞いた話ですが、審査員が付けた得点は並んでいたようですので、辛勝だったようです。

f:id:RIREX:20190606215813j:plain

それでも初の全国進出。チームに感謝しかありません。本当に誰一人がかけても、なし得なかったことだと思います。
日本一を取れるように、大会までの間も、アクティブにものづくりをして、経験を積みたいと思います。

ありがとうございました。

                                        • -

以下、簡単なKPTです

                                        • -

Keep
・事前に集まって準備をしていた

・開発のゴールを決めることができた (アイディアがブレなかった)


Problem&Try
・アイディアの出し方、決め方が具体的でない
→ これ非常に難しい。良い案があれば教えてください....

・不要な開発が入った
→ 完成に向けて、最優先以外のAPIは後回しにする

V-Strom250で琵琶湖一周!

f:id:RIREX:20190401012112j:image

 

V-Storm 250は長距離のツーリングに適したバイクです。1回の給油で約500キロ走ります。しかし、、、私の使用用途がほぼ通学オンリーになっており、V-Stromちゃんはきっと文句を言っていたことでしょう笑

ということで、琵琶湖1周チャレンジをしてきました。

 

データ

スタート/ゴール: 奈良県生駒市

走行距離: 約280km

燃費: 35km/ℓ

使用金額: 5,500円

 

内訳

- 朝、昼、夜ご飯🍚

2,500円

- 温泉♨️

2,000円

- 燃料代 

1,000 円

 

AM8:30

出発時の天候は晴れ。近所のエネオスでガソリンを満タンにしてスタートします。

f:id:RIREX:20190401012814j:image

 

AM10:00

琵琶湖の最も南に到着です。

f:id:RIREX:20190401013628j:image

桜はギリギリ咲いてない様子。咲いたらまた来たい!

f:id:RIREX:20190401012112j:image

ここで優雅な朝ごはんを食べにコメダに寄ります。

臨時休業ですた。はい。

 

いつも通りマクドナルドで朝マックします。安定です。

 

AM10:30 

次の目的地を琵琶湖北東部の道の駅に定めて出発します。

晴れていますが、天気がちょっと心配。あと寒い。終始10℃前後は応えます。。

f:id:RIREX:20190401013751p:image

 

走っていると、他のライダーさんとよくすれ違いました。このすれ違いざまに手を振ってくれるライダーさんがいて、その度に手を振りあったり出来て楽しかった。バイコミュニケーション?

 

AM:12:00

そんなこんなで道の駅に到着。

f:id:RIREX:20190401014118j:image

私も燃料補給します。

f:id:RIREX:20190401014206j:image

 

ご飯食べてる間に、にわか雨が降ってきました。一応、手袋などはボックスの中に入れているので安心です。

 

この先も晴れてくれ!!

 

 

はい、結果的に沢山の恵みの雨を受けました。おかげさまで綺麗な虹が見れたとさ...

f:id:RIREX:20190401014356j:image

 

しかしもう琵琶湖も半周。後戻りは出来ない。ので、ひとまず、カッパをまとい、有名なメタセコイヤ並木を観に行きたいと思います。

 

メタセコイヤ並木は、このような緑あふれる並木が続く道路。(だと思っていました)

f:id:RIREX:20190401015015j:image

写真: パクたそ

 

実際はこちら。そりゃそうですよね!まだ冬あけたばっかりですもん。。

f:id:RIREX:20190401014836j:image

しっかし、これはこれで冬らしくて絵になります。

f:id:RIREX:20190401015223j:image

 

PM15:00

そろそろ最終目的地の温泉を目指します。

f:id:RIREX:20190401015509p:image

 

ここに向かう間、雨も風も強く、身体が冷え冷えでした。琵琶湖には目もくれずひたすらに温泉を目指します。

 

PM16:00 到着。

到着後は、そのまま温泉ダイブ。

温泉の種類は豊富で、色々ハシゴしながら1時間くらい入っていました。

 

その後も、二階の休憩スペースでのんびり。目の前には琵琶湖が広がっていて、適当にPCで作業しつつ、琵琶湖を眺めたり、TVを見たりする至福のひと時を過ごせました。

 

 

結局、暗くなるまで過ごしていました。

f:id:RIREX:20190401015618j:image

 

PM18:30

自宅に向けて出発です。

 

PM 20:00

無事家にたどり着きました。遠足は終了です。

 

 

総評

道中、雨風も強く、バイパスのような高速域も多かったですが、終始安定して走破できました。やっぱり原付2種より安定性は抜群です。ほんと頼もしかった!

GWは九州に行くので、それがますます楽しみ!

 

PS 

次の日から1週間、喉が痛くなり熱を伴う風邪を引いてしまいました... 雨の日はやっぱりバイクに乗ってはいけません笑

2019年の抱負

この1年の軸を決めておくために、抱負を書きたいと思います。1月も後半に差し掛かり、遅くなってしまいましたが...笑

ある記事に、我々の業界で生きていきには心・技・体の3つを鍛えていく必要があると記載されていましたので、この観点で抱負を書きます!



・あらゆることにわくわくしながら、丁寧に取り組む

わくわくするためには、上手くいった未来を想像しながら作業するのがいいのかなと。
また、丁寧に取り組むためには作業中に「丁寧に!丁寧に!」って唱えることが重要かなと思います。(これほんと!)
すると、不思議と物事が上手く行くことが多い気がするので習慣化したい。

・入ってくる情報を多様化する (知り合いやインターネットに頼らない)
・開発や研究の成果を出来るだけ発表する

最近情報収集サボってるので。。。笑 海外のサイトや論文など情報の入手手段を増やしたいなと思っています。
また、せっかく取り組んできたことを放置するのは勿体無いので、やったことはできる限り発信・発表していきたいと思います。発表慣れも重要だと思いますし、考える力もつけたい。うん。
歩数計測プログラムの様に作ってきたアプリなどのソースコードも整理・公開していきたい。

自分に入ってくる情報の入力と出力を下図の様に整理してみました。赤で線をひいているところが特に重要なのかなと思っています。
情報の入力と出力

・しっかり食べる
・運動の習慣化

心も技も、体が万全でないと上手く行かないと思います。
ということでまずはご飯をいっぱい食べたい。。ただし去年は外食で食費がえげつなくかかっていたので、今年は自炊頑張るぞ!
あとはランニングと筋トレを習慣化したい。ランニングは目標のセットが簡単で、アプリで友人と競うことによってもモチベーションが維持できるが筋トレはどうしたら良いのかな〜というのか小さな悩み。
誰か良い方法知ってる人がいたら教えていただけると嬉しい。。


本年もよろしくお願いいたします!

2019年に向けて

2018年の抱負
2018年の抱負は「テンポ良く過ごすこと」でした.
規則正しく生活するということです.現状は... 研究室で寝泊まりし,朝ごはんは食べたり食べなかったり...😱
うーん,この抱負は2019年に持ち越しです笑

2018年を振り返る
2018年は一言で言うと研究元年でしょうか.

大学を卒業して大学院へ入学し,本格的な研究生活がスタートしました.
入学してからは怒涛のようなタスクに追われ,途方にくれたこともありました.
ですが,周囲の研究やものづくりに対する意識が高いメンバーに支えられここまできました.

気づくと主著論文4本(うち一本は国際学会Workshop),共著論文まで含めると7本を投稿したことになり,意外と研究頑張ってたのかなと思います.
ハッカソンも,6月の研究室内ハッカソンでTOPになったのを皮切りに友達の力にも助けられて5つの賞をいただくことができました.
来年は未踏など全国・世界レベルの取り組みや賞を狙っていきたいと思います.

足りなかった点もいくつかあります.
特に英語.研究室のゼミは英語で留学生も数人いると言う英語を学ぶには最適な環境でありながら,英語能力が上達した実感はありません.そりゃ勉強してないんだから当たり前ですが、、、
英語できたらグローバルで活躍できるとか言う話の以前に,海外の論文読むときとか普通に便利だと思うのよね.英語の文法をマスターすると論理的な文を生み出すことにも繋がるんじゃないかと思いますし.

まとまりのない振り返りでしたが,2019年も良い年になることを願って振り返りを終わります!