Pastime Diary

主に大学生活中のことについて週一投稿を目標に(ry

SlushTokyo2017 発表体験記 (写真ベース)

ご無沙汰しております。ブログ書けば書くほど書くのが下手になってる気がしますが(笑 )久しぶりに書きます。

f:id:RIREX:20170408213138j:plain
f:id:RIREX:20170408213348j:plain

続きを読む

TOEICテストの振り返り

TOEICテストの振り返り

Keep
・難しい問題は捨て、集中力を持続させた

Problem
・問題の読解速度の遅さ
・語彙力のなさ


Try
TOEIC対策を平日のAM6:30 - 8:30まで行う
・単語は1日50単語、休日には振りを行う

1ヶ月インターンを振り返る

先月の1ヶ月間IT企業にてインターンへ参加してきましたのでそのKPTです。

Keep
・多くの社員の方と話すことができた
・朝早めに出勤した
・定期的に休息を取った

Problem
・社員の方との距離感がつかめなかった
・プログラムの不明点を放置してしまった点がある
・質問のタイミングがつかめなかった


Try
・自分からお昼に誘うなど、会話をする機会を増やす
・自身の疑問に思っていることなどを素直に言う。

北九州マラソンを振り返る

f:id:RIREX:20170221223828j:image

 よかよかきっぷと呼ばれるお得な切符を使って小倉へ!

 

これが会場のスタート付近の市役所のようです。

f:id:RIREX:20170221223919j:image

 

スタート地点

f:id:RIREX:20170221223958j:image

 

スタート!(数分間動かない!?

f:id:RIREX:20170221224028j:image

 

頑張って走ろうとFacebookに投稿した直後。

こんなメッセージシャツを着た女性が。。

f:id:RIREX:20170221224119j:image

 

やな、楽しく走ろう!

スペワ前

f:id:RIREX:20170221224225j:image

 

ゴール後の豚汁。熱いよー。 

f:id:RIREX:20170221224251j:image

 

区間を振り返る。

0-10

体力、足共に余裕。トイレに2度ほどよる。

 

10-20

急に足が痛くなった。

 

20-30

足が痛いのは少し引いてきました。

しかし、まだコースの半分という絶望感が生まれました。

 

30-40

1KMが遠い、10KMなんてまして遠い。

 

40-42.195

 ゴール出来るという思いから落ち着いて走ることが出来た。

X-Tech Innovation 2016に参加して来ました。

f:id:RIREX:20170221223506j:image

拙い発表ではありましたが、結果、二つの賞を頂くことが出来ました!

 

f:id:RIREX:20170221222429j:image

 

ありがとうございましたmm

チーム匠の動画製作のメンバーも会場に来てくれて本当に嬉しかった!

 

優勝、準優勝された方などの発表には自分たちにはなかった特徴があり、これを次のコンテストでは見習いたい。

具体的には下記が挙げられる。

・具体性

→誰に対してサービスを提供するか?誰がどのように嬉しいのか?

 

・覇気

→ 自分のアプリは絶対に行けるという勢い。特に自分の前の人のプレゼンは自信が凄かった。

インターン1/5を振り返る

20日間のインターンも、もう五分の一が経過。早いものです。

 

1日目

入社手続き・環境構築

 

2日目

ソースコードリーディング

 

3日目

バグ修正

 

4日目

バグ修正

 

やっていることは大体こんな感じ。

非常に短い期間で言語を覚えつつ、機能の追加などをして行くことは難しく感じるが、以前(3年前)に比べれば多少は成長を実感できる。

 

ただ、やはりソースコードを論理的に読み解き、そして記述する力はまだまだだ。

せっかくのこの機会、頑張って伸ばそう。

 

 

プレ卒論のKPT

昨日、プレ卒論(卒論の前段階)の発表会が行われました。

 

その内容とこれまでの取り組みについてのKPTです。

 

Keep

・チームで時間を決め、定期的に集まれたこと

・検索に加え、FacebookなどのSNS、書籍、先生など複数の情報源からの情報収集ができたこと

 

Problem

・実験を行った回数が少ない

→真理を追求する必要性の欠如

中途半端なリーダーシップ

→ 

ユーモアのないスライド・発表

→チームでスライドを合わせる難しさ

 

Try

・対象物に興味を持つために、気になったものは進んで触れる

 

・責任を持つ

 

・スライド作成担当の場合は基本1人で作ってしまい、その後意見を聞くスタイルを徹底する